箱ひげ図

QlikView(クリックビュー)では、ばらつきのあるデータをわかりやすく表現するために箱ひげ図でグラフを作成することができます。

チャートから箱ひげ図を作成してみましょう。

 

 

● ツールバー

1.【ツール】から【箱ひげ図ウィザード】を選択します。

 box_plot1

 

■ 箱ひげ図ウィザード

1.【次回からこの画面を表示しない】のチェックボックスをオンにします。

2.【次へボタン】を押します。

 box_plot2

 

■ step1-データの定義

1.【軸】から『製品大分類名』を選択します。

2.【箱ひげ図集計枠】から『年月日』を選択します。

3.【数式の編集】画面で『sum(売上金額)』と入力します。

4.【次へボタン】を押します。

 box_plot3

 

■ step2-プレゼンテーション

1.【表示モード】から『中央値モード』を選択します。

2.【完了ボタン】を押します。

box_plot4

 

 

以上の作業で以下の箱ひげ図が作成できていることが確認できます。

 box_plot5

 

 

このままでは目盛が読み取りづらいため、チャートを改善していきましょう。

 

 

■ チャートプロパティ

1.【目盛線】の【数式の目盛線】から【グリッドの表示】チェックボックスをオンにします。

2.【軸の目盛線】の【第一軸ラベル】から『/』を選択します。

 box_plot6

 

 

■ 数値書式

1.【数値書式設定】から【実数】を選択します。

 box_plot7

 

 

 

■ キャプション

1.【キャプションの表示】チェックボックスをオンにします。

2.【タイトルテキスト】に『箱ひげ図』と入力します。

3.【OKボタン】を押します。

 box_plot8

 

 

以上の作業から以下のように改善された箱ひげ図が作成できていることが確認できます。

box_plot9

 

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。