棒グラフ×地図

QlikViewではグラフと画像を用いてわかりやすいシートを作成することができます。

ここでは棒グラフと地図を用いたシートを作成します。

では説明します。

 

● 地図の用意

1.シート上で右クリックをして【シートプロパティ】を開きます。

■ 基本設定

1.【背景】で【シートの設定】のチェックボックスをオンにします。

2.【画像】のチェックボックスもオンにし、【変更】をクリックします。

3.自分のPCに保存した地図画像を選択し、開きます。

4.【画像形式】で【塗りつぶし】を選択します。

5.【OKボタン】を押します。

 

a020

 

● チャートの作成

1.チャートの追加ウィンドウを開きます。

■ 基本設定

1.【チャートにタイトルを表示する】のチェックボックスをオフにします。

2.【チャートの種類】で【棒グラフ】を選択します。

3.【次へボタン】を押します。

 

a019

 

■ 軸

1.【項目/グループ】の中から『支店名』を選択し【追加ボタン】を押します。

2.【軸項目】に『支店名』が追加されたことを確認して【次へボタン】を押します。

 

a018

 

■ 数式の編集

1.入力欄に『sum(売上金額)』と入力します。

2.【OKボタン】を押します。

 

a017

 

■ 数式

1.【追加ボタン】を押します。

■ 数式の編集

1.入力欄に『sum (仕入金額)』と入力します。

2.【OKボタン】を押します。

■ 数式

1.ここで一度【完了ボタン】を押します。

 

● チャートの編集

1.チャートのプロパティを開きます。

■ 数式

1.『sum (売上金額)』を選択します。

2.【ラベル】に『=$(vS)』と入力します。

3.【定義】に『num(sum({<支店名={‘北海道支店’}>}売上金額),’#,##0′)』と入力します。

4.【表示オプション】の【データ点の値】のチェックボックスをオンにします。

 

a016

 

5.『sum(仕入金額)』を選択します。

6.【ラベル】に『=$(vP)』と入力します。

7.【定義】に『num(sum({<支店名={‘北海道支店’}>}仕入金額),’#,##0′)』と入力します。

8.【表示オプション】で【データ点の値】のチェックボックスをオンにします。

 

a015

 

9.【=$(vS)】の左にある【+】をクリックします。

10.下に出てきた【テキストの色】を選択します。

11.【定義】に『white()』と入力します。

 

a014

 

12.【9~11】で行った作業を【=$(vP)】でも同様に行います。

■ スタイル

1.【方向】を右側の【横方向】にします。

 

a013

 

■ プレゼンテーション

1.【設定】で【要素の間隔】を『8』にします。

2.【設定】で【グループの間隔】を『1』にします。

3.【データ点の値】で【要素の中に値を表示】のチェックボックスをオンにします。

4.【凡例】で【凡例の表示】のチェックボックスをオフにします。

5.中央下にある【0値を隠す】のチェックボックスをオフにします。

6.【チャートのテキスト】にある【追加ボタン】を押します。

 

a012

 

■ チャートテキスト

1.【テキスト】に『北海道支店』と入力します。

2.【OKボタン】を押します。

 

a011

 

■ 目盛線

1.【軸の目盛線】で【数値目盛の表示】のチェックボックスをオフにします。

2.【軸の目盛線】で【グリッドの表示】のチェックボックスをオフにします。

3.【軸の目盛線】で【段組みラベル】のチェックボックスをオフにします。

4.【軸の目盛線】の【目盛線の色】をクリックします。

5.【透過性】を『100%』にします。

6.【OKボタン】を押します。

 

a010

 

7.【数式の目盛線】で【=$(vS)】を選択します。

8.上記と同様に【数式の目盛線】の【目盛線の色】を【透過性】を『100%』にします。

9.【数式の目盛線】の【フォント】をクリックします。

10.【色】をクリックし、ここも【透過性】を『100%』にします。

11.【OKボタン】を押します。

12.【OKボタン】を押します。

 

a090

 

13.【軸の目盛線】の【フォント】をクリックし、上記と同様に【透過性】を『100%』にします。

14.【=$(vP)】を選択し【=$(vS)】で行ったことと同様の作業を行います。

■ レイアウト

1.【枠線の幅】を『0pt』にします。

a009

 ■ キャプション

1.【キャプションの表示】をチェックオフします。

2.【OKボタン】を押します。

下記のようなチャートが完成したことが確認できます。

 

a008

 

● チャートの複製/編集

ここからはこのチャートを複製し編集することで各支店のものを作成していきます。

■ 編集する箇所

1.【数式タブ】の【=$(vS)】【=$(vP)】それぞれの【定義】の『支店名』部分

 

a07

 

2.【プレゼンテーションタブ】の【チャートテキスト】の『支店名』部分

 

a007

 

全支店分作成したら、地図にあわせて配置してください。

上記のすべての作業を通してできたシートが下記です。

chizu022

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。