チャートのクイック切替

QlikViewではチャートの切替をワンクリックで行うことができます。

チャートには【棒グラフ】【折れ線グラフ】【散布図】…等と色々な種類のグラフがあります。

たとえばこのグラフを【軸】と【数式】は同じ値で違う見方をしたいとき、新たに別のチャートを作成するのは面倒です。

複製してグラフの種類を変更することで対応できますがそれだと無駄にスペースをとってしまいます。

そこで、チャートのクイック切替をできるように設定しておけばワンクリックで場所もとらずにチャートを変更することができます。

それでは、クイック切替が可能なチャートを作成していきましょう。

 

● チャートの作成

1.チャートの追加ウィンドウを開きます。

■ 基本設定

1.【ウィンドウタイトル】に『支店別製品売上比率』と入力します。

2.右端にある【クイック切替】の【表示する項目】で、【棒グラフ】【折れ線グラフ】【ピボットテーブル】のチェックボックスをオンにします。

3.【次へボタン】を押します。

lego004

■ 軸

1.【項目/グループ】より『支店名』とドリルダウングループの記事で作成した『商品分類』を選択して【追加ボタン】を押します。

2.【軸項目】に『支店名』と『商品分類』が追加されたことを確認して【次へボタン】を押します。

 

lego003

 

■ 数式の編集

1.入力欄に『sum(売上金額)/sum(total<支店名>売上金額)』と入力します。

2.【OKボタン】を押します。

■ 数式

1.【ラベル】に『売上比率』と入力します。

2.【次へボタン】を押します。

 

lego002

 

■ スタイル

1.【形式】で【積み上げ】を選択します。

2.【次へボタン】を押します。

 

lego001

 

■ 目盛線

1.【数式の目盛線】で【グリッドの表示】のチェックボックスをオンにします。

2.【軸の目盛線】の【第1軸ラベル】と【第2軸ラベル】で『/』を選択します。

3.【目盛】で【最大値】のチェックボックスをオンにします。

4.【最大値】を『1』にします。

5.【次へボタン】を押します。

 

lego000

 

■ 数値書式

1.【数値書式設定】で『実数』を選択します。

2.【小数点以下の桁数】を『2』にします。

3.【パーセント表示】のチェックボックスをオンにします。

4.【完了ボタン】を押します。

 

labo029

 

これでチャートの作成は完了です

 

test92

すると、上図のようなチャートが表示されます。ここで、右上にあるボタンを押してみましょう。これがチャートの切り替えをするボタンです。図では赤い四角で囲ってある部分です。

このボタンを押すとチャートが“棒グラフ→折れ線グラフ→ピポットテーブル→棒グラフ→…”と変化していきます。

test98

これにより通常では3つのチャートが必要なところを1つのチャートで表すことができます。

場所をとらないでコンパクトにチャートが表示できるのでたくさんのシートを使ったり、他のチャートやボックス等の邪魔をしないでチャートを利用することができるためとても使いやすくなっています。

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。