散布図

QlikViewでは散布図を用いることによって2項目間の関連性を一つのグラフで表すことができます。

散布図とは縦軸と横軸で項目を一つずつ持ち、それらの関連性を点で表すグラフのことです。

では散布図の作り方を説明していきます。

 

● 散布図の作成方法

1.チャートの追加ウィンドウを開きます。

■ 基本設定

1.【ウィンドウタイトル】に『売上数量vsアイテム数』と入力します。

2.【チャートの種類】から【散布図】を選択します。

3.【次へボタン】を押します。

sanpuzu006

 

■ 軸

1.【項目/グループ】から『製品大分類名』を選択し、【追加ボタン】を押します。

2.【軸項目枠】に『製品大分類名』が追加されたことを確認して【次へボタン】を押します。

sanpuzu005

 

■ 数式

1.【詳細モード】のチェックボックスをオンにします。

sanpuzu003

 

■ ソート

1.【戻るボタン】を押します。

■ 数式

1.『$ Field』を選択し【定義】に『sum(売上数量)』と入力します。

2.【ラベル】に『売上数量』と入力します。

3.『$ Table』を選択し【定義】に『count(distinct 製品小分類名)』と入力します。

4.【ラベル】に『アイテム数』と入力します。

5.【追加ボタン】を押します。

sanpuzu002

 

■ 数式の編集

1.入力欄に『count(distinct 顧客コード)』と入力し、【OK】ボタンを押します。

■ 数式

1.『count(distinct 顧客コード)』を選択し、【ラベル】に「顧客数」と入力します。

2.【次へボタン】を押します。

sanpuzu001

 

■ スタイル

1.【種類】から右下のものを選択します。

2.【次へボタン】を押します。

sanpuzu000

 

■ 目盛線

1.【目盛線】は、【X-軸】【Y-軸】共に【グリッドの表示】のチェックボックスをオンにします。

2.【次へボタン】を押します。

sanpuzu999

 

■ 数値書式

1.【数値書式】は『売上数量』『アイテム数』『顧客数』すべて【整数】のチェックボックスをオンにします。

2.【完了ボタン】を押します。

sanpuzu888

 

下記のような散布図ができたことを確認できます。

散布図11

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。