チャート(グラフ)の背景の変更

QlikViewでは、折れ線グラフのデザインや色が変更できます。

 

● チャートの作成

1.チャートの追加ウィンドウを開きます。

■ 基本設定

1.【チャートの種類】から【棒グラフ】を選択します。

2.【次へボタン】を押します。

■ 軸

1.【項目/グループ】から『年月』を選択し、【追加ボタン】を押します。

2.【軸項目】に『年月』が追加されたことを確認して【次へボタン】を押します。

■ 数式の編集

1.入力欄に『sum(売上金額)』と入力します。

2.【OKボタン】を押します。

■ 数式

1.【完了ボタン】を押します。

 

シートにチャートが追加された事が確認できます。

 

lego074

 

はじめに、チャートの背景の色を変えます。

 

● チャートの編集

1.チャートのプロパティを開きます。

■ 色

1.【フレームの背景】で【色】を選択します。

2.【背景】をクリックします。

lego072

■ 色の設定

1.【透過性】を【100%】にします。

※ここで【透過性】を【0%】にして、【基本色】などを設定するとチャートの背景はその色になります。

2.【OKボタン】を押します。

lego071

■ 色

1.【OKボタン】を押します。

チャートの背景が透明になった事が確認できます。

lego070

 

次にチャートにグリッドを表示していきます。

 

● グリッドの表示

1.チャートのプロパティを開きます。

■ 目盛線

1.【数式の目盛線】の【数式】で『sum(売上金額)』が選択されていることを確認します。

2.【数式の目盛線】で【グリッドの表示】のチェックボックスをオンにします。

3.【軸の目盛線】で【グリッドの表示】のチェックボックスをオンにします。

4.【OKボタン】を押します。

lego069

チャートにグリッドが表示された事が確認できます。

lego068

 

では次にフォントの色を変更します。

 

● フォントの色の変更

1.チャートのプロパティを開きます。

■ 基本設定

1.【タイトル設定ボタン】を押します。

lego067

■ タイトル設定

1.【フォントボタン】を押します。

lego066

■ フォント

1.【色】を『白』にします。

※ここで設定した色がタイトル文字の色になります。

2.【OKボタン】を押します。

■ 目盛線

1.【数式の目盛線】で【フォントボタン】を押します。

2.上記のフォントと同様にフォントの色を『白』にします。

※ここで設定した色が数式の目盛の色になります。

3.【軸の目盛線】で【フォントボタン】を押します。

4.ここでも先ほどと同様にフォントの色を『白』にします。

※ここで設定した色が軸の目盛の色になります。

5.【OKボタン】を押します。

lego065

チャートのタイトルと目盛のフォントの色が変わった事が確認できます。

lego064

 

次にチャートのバーの色を変更します。

ここからは【+】をクリックした際に出てくる、

①背景色、②テキストの色、③テキスト書式、④線のスタイル、⑤値の表示の5項目について説明します。

● 共通

1.チャートのプロパティを開きます。

■ 数式

1.【+】をクリックします。

lego063

 

● 背景色

1.【背景色】をクリックします。

2.【定義】に『if(sum(売上金額)<100000,green(),yellow())』と入力します。

3.【OKボタン】を押します。

lego062

値が100000以下の項目の色が緑、それ以上の項目の色が黄色に設定されている事が確認できます。

折れ線06

 

●テキストの色

1.テキストの色をクリックします。

2.定義に「red()」と記入します。

※直接数値で色を指定したい場合は「RGB(0,0,0)」と記入します。(0の部分に数値を記入)

3.【OKボタン】を押します。

tyato1

データ点の値の色が変更された事が確認できます。

折れ線08

 

●テキスト書式

1.テキスト書式をクリックします。

2.定義に「'<B><I><U>’」と記入します。

※<B>=太字にする、<I>=文字を斜めに傾ける、<U>=下線をつける

3.【OKボタン】を押します。

tyato2

データ点の値の書式が変更された事が確認できます。

折れ線10

 

●線のスタイル

1.線のスタイルをクリックします。

2.定義に「'<S2><W.5>’」と記入します。

※<S2>はグラフの線を点線に変更、<W.5>はグラフの線の太さを変更しています。

3.【OKボタン】を押します。

tyato3

線のスタイルが変更された事が確認できます。

折れ線12

 

●値の表示

1.値の表示を選択する前に、「データ点の値」のチェックをオフにします。

2.値の表示をクリックします。

3.定義に、「column(1)>=50000」と記入します。

※50000以上のみ表示するという意味です。

4.【OKボタン】を押します。

tyato4

値が50000以上の項目のみ表示されている事が確認できます。

折れ線14

1.もう一度プロパティを開きます。

2.定義の部分を「column(1)<=40000」に変更します。

※40000以下のみ表示

3.【OKボタン】を押します。

tyato5

値が40000以下の項目のみ表示されている事が確認できます。

折れ線16

デザインと色の変更は折れ線グラフに限らず他のチャートでも同様に行うことができます。

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。