ゲージチャートのデザイン変更

こんにちは、こーです。

Qlikview(クリックビュー)で作成したチャートは基本のデザインだけではなく、色々なデザインに変更をすることができます。

デザインを変更することによって、見た目はもちろん、分析をする際もより分かりやすく行うことができます。

今回、ご紹介するゲージチャートも色々なデザインに変更することができます。

さっそく、ご紹介していきます。

 

 

初めにロードスクリプトを開き、「カレンダー」「売上明細」を読み込み、リロードをします。

 

ナレッジ

 

 

【シートオブジェクトの追加】から【チャート】を選択します。

【チャートにタイトルを表示する】のチェックを外し、ゲージチャートを選択します。

 

ナレッジ1

 

【軸】で年を追加します。

【次へ】ボタンを押します。

 

ナレッジ2bmp

 

 

【数式】タブで「sum(売上金額)/sum({1}total 仕入金額)」の定義を追加します。

 

ナレッジ3

 

 

【スタイル】で下のチャートを選択します。

 

ナレッジ4

 

 

【プレゼンテーション】タブは4箇所を変更します。

【セグメントの設定】でSegment 2を削除します。

【インジケータ】の【モード】を「値の塗りつぶし」、【スタイル】を「線」にします。

【目盛の表示】のチェックを外して、【円形ゲージの設定】を【円筒の角度】のみを180度に設定します。

 

ナレッジ5

 

 

【透過性】を100%にします。

ナレッジ12

 

【数値書式】の【実数】を2にします。

 

ナレッジ6

 

 

最後に【キャプション】タブで【キャプションの表示】のチェックを外します。

【OK】ボタンを押します。

 

ナレッジ7

 

 

オブジェクトが1つ完成しました。

コピーして2つに増やします。

 

ナレッジ11

 

 

増やしたオブジェクトのプロパティを開き、【数式】タブの定義を1にします。

 

ナレッジ9

 

 

色を変更します。色は任意でかまいません。

記事では、白色にします。

【OK】ボタンを押します。

 

ナレッジ10

 

 

2つ目のオブジェクトが完成しました。

出来上がったオブジェクトを重ねます。

 

ナレッジ13

 

シートプロパティを開いて、シートの色を白に変えます。(先ほど、チャートの色を白以外にした場合は設定した色を選びます)

【OK】ボタンを押します。

 

ナレッジ15

 

リストボックスで「年」を追加して完成です。

 

ナレッジ16

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。