Dual関数の使用例

QlikView(クリックビュー)では、Dual関数を用いることでリストボックス内の項目を任意の順番にすることができます。

「dual(a,b)」は、2つの値を1つの項目の値として持つことができ、表示されるのは最初の値(a)です。

(b)はソートをするときに使用されるため、(b)を編集することによって表示順を操作します。

今回は、1~12月を、4~3月の順に並べ替える方法を説明していきます。

 

●リストボックスの作成

■基本設定

1.リストボックス追加ウィンドウを開きます。

2.【項目】から『月』を選択します。

dual1

 

■プレゼンテーション

1.【プレゼンテーション】タブを選択します。

2.【1列】のチェックをオフにします。

3.【固定列数】のチェックをオンにして、数値を「12」にします。

4.【列でソート】のチェックをオフにします。

5.【OK】ボタンを押します。

dual2

 

以上です。以下のリストボックスが作成された事が確認できます。

dual1

 

 

 

●ロードスクリプトの編集

1.ロードスクリプト編集ウィンドウを開きます。

dual2

 

 

 

 

 

2.月の部分に「dual(月,if(月>=4,月-3,月+9)) as 月」と記入します。

(既にある月の項目を、if文の中で順番を設定)

3.リロードします。

dual3

 

 

 

 

 

4~3月表示に変更された事が確認できます。

dual4

 

 

この他にも、スライダーや積み上げ棒グラフの軸項目「dual(年,sum(売上金額))」などに応用することができます。

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。