QlikViewでの簡単な期間分析手法1

Qlikview(クリックビュー)では、売上率がどのように推移しているのかを分析することができます。

今回は「Data_source」を使って、商品毎に売上数量と売上金額の変化推移を分析していきます。

 

1.Excelファイルの読み込み

初めにQlikviewを開きます。

次にロードスクリプトを開きます。

【テーブルファイル】を開き、Excelファイルを読み込みます。

リロードをします。

 

ナレッジ1

 

2.チャートの作成

リロードが完了したら、チャートを作成していきます。

【シートオブジェクトの追加】から、【チャート】を選択します。

【ウィンドウタイトル】に「売上数量と売上金額」と入力をします。

【チャートの種類】は「散布図」を選択します。

【次へ】ボタンを押下します。

 

QVナレッジ

 

【軸項目】に「製品大分類名」を追加します。

【次へ】ボタンを押下します。

 

QVナレッジ1

 

 

【X】を「売上金額」、【Y】を「売上数量」にします。

【Z】の「バブルチャート」にチェックを入れて、以下の数式を追加します。

sum(売上金額)/sum(売上数量)

【OK】ボタンを押下します。

 

ナレッジ5

 

 

年間の売上変化推移チャートが完成しました。

製品の中で、テレビが一番、売れていることが確認できます。

 

次回はこのチャートを使って、年単位による売上推移を分析してきます。

 

ナレッジ3

 

 

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。