動的更新(ダイナミック更新)2

こんにちは、こーです。

今回も前回の記事「動的更新(ダイナミック更新)1」に引き続き、QlikView(クリックビュー)で行う、動的更新(ダイナミック更新)についてご紹介します。

前回は「更新準備ボタン」を作成するところまで終えましたので、今回は「更新ボタン」を作成していきましょう!

 

 

【シートオブジェクトの追加】から【ボタン】を選択します。

【テキスト】に「更新」と入力しましょう。

 

キャプチャ17

 

次に、【アクション】タブを選択し、【追加】ボタンを押します。

【アクションの種類】から【その他】を選択し、【アクション】から【動的更新】を選択します。

【動的更新】を選択すると【Statement】という入力項目が出てきますので、そこに以下の式を入力します。

=If(GetPossibleCount(ID)=1,’Update 製品情報 Set 年=’& Chr(39) & ‘$(vYear)’& Chr(39) & ‘, 月=’& Chr(39) & ‘$(vMonth)’ & Chr(39)& ‘, 製品=’& Chr(39) & ‘$(vProduct)’ & Chr(39)& ‘, 売上=’& Chr(39) & ‘$(vSales)’& Chr(39)& ‘  Where ID = ‘&Max(ID) &’;’)

 

入力できたら、【OK】を押します。

 

キャプチャ18

 

【更新】ボタンが完成しました。

 

キャプチャ19

 

最後にリストボックスを作成します。

【リストボックスの追加】を選択します。

【項目】タブから「ID」を追加して、【OK】を押します。

 

キャプチャ20

 

以上で完成しました。

変更したいIDを選択して、「更新準備」を押します。

※ここでは4を選択しました。

IDの値が入力ボックスに格納されるので、変更したい入力ボックスの値を変えます。

 

キャプチャ21

 

「更新」ボタンを押すと、入力ボックスの値が更新されて、チャートに反映されました!

 

キャプチャ22

 

 

 

 

 

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。