条件付き表示

QlikView(クリックビュー)では、データに条件を設定することで、表示/非表示を切り替えることができます。

今回は、大量のデータの中で、見たいデータのみを表示させるチャートの例を紹介します。

● ロードスクリプトの編集

1.ロードスクリプトの編集ウィンドウを開きます。

■ ロードスクリプトの編集画面

1.インラインロードを挿入します。

■ インラインデータウィザード

1.インラインロードを入力します。

2.【OKボタン】を押します。

 

lego088

 

■ ロードスクリプトの編集

1.ロードスクリプトの内容を確認し、【リロードボタン】を押します

 

lego087

 

● リストボックス作成

1.リストボックスの追加ウィンドウを開きます。

■ シートプロパティ

1.『項目』のリストボックスを追加します。

 

● ピボットテーブルの作成

1.チャートの追加ウィンドウを開きます。

■ 基本設定

1.【演算実行条件】に『GetSelectedCount(項目)>0』と入力します。

2.【チャートの種類】で【ピボットテーブル】を選択します。

3.【次へボタン】を押します。

 

lego086

 

■ 軸

1.【項目/グループ】から『四半期』 『年』 『月』 『営業所名』 『都道府県』 『顧客名』を選択し、【追加ボタン】を押します。

2.【軸項目】に上記の項目が追加されたことを確認して【次へボタン】を押します。

 

lego085

 

■ 数式の編集

1.入力欄に『Sum(売上金額)』と入力します。

2.【OKボタン】を押します。

■ 数式

1.【ラベル】に『売上』と入力します。

2.【完了ボタン】を押します。

 

演算実行条件を指定したためチャートが非表示になっていることが確認できます。

lego084

 

データ量が膨大になればなるほど、表示するのに時間が掛かるため注意が必要になります。

次に、項目の表示/非表示設定をしていきます。

 

● 項目の表示/非表示設定

1.チャートのプロパティを開きます。

■ 軸

1.【軸項目】の【四半期】を選択し、【条件付き表示】のチェックボックスをオンにします。

2.その下の入力欄に『=SubStringCount(Concat(ID,’;’),1)』と入力します。

※先程インラインロードで『四半期』の『項目』を1としたため、『(~1)』となっています。

 

lego081

 

3.残りの【軸項目】の条件付き表示も設定していきます。
※    年 : =SubStringCount(Concat(ID,’;’),2)
月 : =SubStringCount(Concat(ID,’;’),3)
と、対応した数字を『=SubStringCount(Concat(ID,’;’),○)』の『○』の中に入れていきます。

 

lego080

 

■ プレゼンテーション

1.【常にすべて展開】のチェックボックスをオンにします。

2.【OKボタン】を押します。

 

11

以上で完成です。

完成したチャートは下記のものです。

 

lego079

 

選択した項目のみ表示されていることが確認できます。

lego078

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。