複数のExcelファイルをまとめて取り込む方法(2)

QlikView(クリックビュー)では、ディレクトリ内のファイルを一括で取り込むことができます。

以前の記事 [大量のExcelファイルをひとつにまとめる方法(1)]では

「ロードスクリプト上で、For~Nextステートメントを使用し、複数のExcelファイルを 項目別に読み込む」という方法を紹介しました。

今回は「アスタリスク(*)を使用し、複数のExcelファイルを取り込む」 という方法を紹介します。

例えば、「家電フォルダから複数のExcelファイルを指定したい」という場合には ロードスクリプト上で、

Load

商品番号,

商品,

売上数量,

売上金額

From 家電\*.xlsx

とFrom句を設定します。

こうすると家電フォルダの、xlsx形式のファイルから、商品番語号、商品、売上数量、売上金額 という項目を 取り込むことができます。

アスタリスク(*)は何文字でも対応し選択します。

load

商品番号,

商品,

売上数量,

売上金額

From 家電\Data2*.xlsx

とすると、家電フォルダの「Data2〇〇〇.xlsx」形式の指定をすることができます。

Date2013.xlsxやDate2012.xlsx等のファイルを指定し、データを取り込んでくる ことができます。

「Date200*」とすると2000から20009年のファイル指定することができます。

では実際に操作例を紹介します。

 

1、データの読み込み

以下のようなデータが手元にあり、これを読み込みたいとします。

スクリーンショット (80)

 

 

2、ロードスクリプト

ロードスクリプト編集画面を開きます。

■ 3、ロードスクリプトを編集する。 fromをこのように設定します。   スクリーンショット (74)

 

 

3、統計ボックスを作成し、データ量を確認 ①統計ボックス追加ウインドウを開き、項目から『売上金額』を選択します。

excel_file3

  4、項目から、売り上げ金額を選択し、【OK】ボタンを押します。

Data2000.xlsx~Data2014.xlsx (15ファイル) の商品番号,商品,売上数量,売上金額 データが入っていることが確認できます。

スクリーンショット (137)

 

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。