変数をExcelに出力(入力ボックス)

QlikView(クリックビュー)では入力ボックスを使用することで容易に変数の確認、変数の値を変更することができます。

さらに、変数をExcel形式でダウンロードし、またロードすることも可能です。

では入力ボックスの使用方法を説明していきます。

 

 

● 入力ボックス作成

1.入力ボックスの追加ウィンドウを開きます。

■ 基本設定

1.【タイトル】に『入力ボックス』と入力します。

2.【変数の新規作成ボタン】を押します。

3.【変数名】に『vShow』と入力します。

4.【OKボタン】を押します。

5.【OKボタン】を押します。

nyuuryoku

入力ボックスが表示されていることが確認できます。 入力ボックスの【=】の右側をクリックすると変数の値が入力できることを確認します。

● 動作確認

1.入力ボックスの『vShow』の値を『1』に設定します。

nyuryoku00

2.テキストオブジェクトを作成します。

■ 基本設定

1.【タイトル】に『Test』と入力します。

■ レイアウト

1.【表示】で【条件付き表示】を選択します。

2.『vShow=1』と入力します。

3.【OKボタン】を押します。

nyuryoku789qt7087590

4.シートにテキストオブジェクトを表示されていることを確認します。

5.入力ボックスの値を『0』に設定し、『Enter』を押します。

6.テキストオブジェクトが表示されていないことが確認できます。

Nyuryokubox04

● 入力した変数をExcel形式としてダウンロードする方法。

1.入力ボックスの追加ウィンドウを開きます。

■ 基本設定

1.【変数】からダウンロードしたい項目を選択し【追加ボタン】を押します。

2.【表示変数】に【1】で選択したものが追加されていることを確認します。

nyuuryoku000

■ キャプション

1.【キャプションアイコン】で【Excel出力】のチェックボックスをオンにします。

2. 【OKボタン】を押します。

nyuryoku99999999999

入力ボックス上で右クリックして【Excel出力】をクリックします。

変数をダウンロードできることが確認できます。

Nyuryokubox07

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。