For ,Next ループを使いQVD化

こんにちわ サジです。

今日はQlikView(クリックビュー)で For , Next loop を使って簡単にQVDを作成する方法を見てみましょう。

txt、csv,db 、SFから取り込む際qvdファイルにデータ保存しておくと、次にリロードする時にqvdファイルを使えば、作業を早く終えることが出来ます。

 

今回は以下のデータファイルを使います。

1

 

■ ロードスクリプトの編集

① Ctrl + E  を押しロードスクリプトを開きます。

② 「データファイル」ボタンを押します。 (相対パスにチェックが入っていること確認する。)

③  データソースから 「売上明細」、「営業報告」、「顧客」、「担当顧客」 4つのファイルを選択します。

④ 「開く」ボタンを押します。

2

 

⑤ 次にポップアップする 4つの画面の 「区切り記号」 が 「カンマ」であることと、

「例見出し」 が 「先頭行」であることを確認し、「終了」ボタンを押します。

3

 

⑥ 4回 「終了」ボタンを押します。

※ 以下の画像の通り、ロードスクリプトにコードが入力されます。

4

 

■ テーブルの名前を指定・リロード

① 以下の画像の通りにテーブルの名前を変更します。

 

② 「リロード」ボタン押し、うまくリロードされていることを確認します。

 

■ 各ファイルをqvd として保存

※ qvdファイルとして保存するには以下のコードを書かなければなりません。

Store 売上明細 into 売上明細.qvd(qvd);

Store 営業報告 into 営業報告.qvd(qvd);

Store 顧客 into 顧客.qvd(qvd);

Store 担当顧客 into 担当顧客.qvd(qvd);

上記の用にロードスクリプト文を書き、リロードします。

6

 

※ qvw のあるパスのところに新しいqvdファイルが生成していることが分かります。

7

 

こちらの方法でqvdファイルを生成する時には時間がかかります。そしてファイル類が多いほどロードスクリプトも大幅に変更しなければいけません。

では、上記で説明したことを一括でする方法をこれからみてみましょう。

 

 

■ 一括でqvd を作成

① 先程書いた Store 文だけを削除します。

※ 先程出来たqvdファイルも削除します。

② メニューバーから「タブ」→ 「タブの追加」します。

9

③ タブ名は「qvd化」にします。

8

 

④ 以下のコードを入力します。

For  i = 1  to  NoOfTables();

Let vTable = TableName($(i)-1);
Let vNames = ‘$(vTable).qvd’;

Store $(vTable) Into $(vNames)(qvd);

Next i

 

10

 

※ qvwを保存している場所に新たなqvdファイルが生成していることが確認できます。

 

11

 

以上、FOR , Next を使って loop してqvd ファイルを作成しました。

qvdファイル化にする時にこの方法は便利ではないかと思います。

サジ

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。