変数によるチャートの拡大表示

QlikViewでは変数を利用して拡大したチャートを表示できます。
では説明します。

 

ここでは、変数によるチャートの表示切替ページで作成したチャートを使います。

まず『拡大ボタン』の追加を行います。

● 『拡大ボタン』の追加

1.ボタンの追加ウィンドウを開きます。

■ 基本設定

1.【テキスト】に『拡大』と入力します。

 

logo026

 

■ アクション

1.【追加ボタン】を押します。

■ アクションの追加

1.【アクションの種類】から【その他】を選択します。

2.【アクション】から【変数の設定】を行います。

3.【OKボタン】を押します。

■ アクション

1.【変数】に『region』と入力します。

2.【値】に『=region+10』と入力します。

 

logo023

 

■ レイアウト

1.【表示】で【条件付き表示】を選択し、入力欄に『region<10』と入力します。

2.【OKボタン】を押します。

 

logo024

 

シートに『拡大ボタン』が表示されたことが確認できます。

次にシートに『戻るボタン』を追加します。

 

● 『戻るボタン』の追加

1.ボタンの追加ウィンドウを開きます。

■ 基本設定

1.【テキスト】に『戻る』と入力します。

■ アクション

1.【追加ボタン】を押します。

■ アクションの追加

1.【アクションの種類】から【その他】を選択します。

2.【アクション】から【変数の設定】を選択します。

3.【OKボタン】を押します。

■ アクション

1.【変数】に『region』と入力します。

2.【値】に『=region-10』と入力します。

 

logo022

 

■ レイアウト

1.【表示】から【条件付き表示】を選択し、入力欄に『region>10』と入力します。

2.【OKボタン】を押します。

 

logo021

 

シートに『戻るボタン』が表示されたことが確認できます。

ここからチャートをもう一つ作成して編集していきます。

 

●チャートの追加

1.変数によるチャートの表示切替ページで作成したチャートを作成します。

2.作成したチャートを複製します。

3.複製したチャートを任意の大きさに拡大します。

4.拡大したチャートのプロパティを開きます。

■ 基本設定

1.【ウィンドウタイトル】に『全国売上-仕入対比』と入力します。

■ 数式

1.すべての数式の【条件付き表示】の数字部分に10を足します。詳しくは下記を参考にしてください。

全国:『region=11』

北海道支店:『region=12』

東北支店:『region=13』

関東支店:『region=14』

中部支店:『region=15』

関西支店:『region=16』

中国四国支店:『region=17』

九州支店:『region=18』

2.【OKボタン】を押します。

 

logo020

 

【OKボタン】を押してもまだシートにはチャートが表示されません。

 

● 動作確認

1.『拡大ボタン』を押します。

2.チャートが拡大することが確認できます。

3.出てきた『戻るボタン』を押します。

4.チャートが元の大きさに戻ることが確認できます。

 

logo019

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。