グリッドチャート

QlikView(クリックビュー)では、グリッドチャートを使ってクロス集計表を読み取りやすくチャートに表すことができます。

 

まず、以下のようなクロス集計表をグリッドチャートに変更してみましょう。

grid_chart1

 

● チャートの作成

1.チャートの追加ウインドウを開きます。

■ 基本設定

1.【ウインドウタイトル】に『グリッドチャート』を入力します。

2.【チャートの種類】から【グリッドチャート】を選択します。

3.【次へボタン】を押します。

grid_chart2

 

■ 軸

1.【項目/グループ】から『四半期』・『年』・『商品』を選択します。

2.【追加ボタン】を押します。

3.【軸項目】に『四半期』・『年』・『商品』が追加されていることを確認します。

ここでは必ず軸項目を『四半期』・『年』・『商品』の順にしましょう。

 

4.【次へボタン】を押します。

grid_chart3

 

■ 数式の編集

1.入力欄に『sum(売上)』と入力します。

2.【OKボタン】を押します。

grid_chart4

 

 

■ 数式

1.【ラベル】に『売上』と入力します。

2.【表示オプション】から【数式値のポップアップ】チェックボックスをオンにします。

3.【次へボタン】を押します。

grid_chart5

 

■ 目盛線

1.【X軸】から【グリッドの表示】チェックボックスをオンにします。

2.【Y軸】から【グリッドの表示】チェックボックスをオンにします。

3.【次へボタン】を押します。

grid_chart6

 

 

■ 数値書式

1.【数式】から『売上』を選択します。

2.【数値書式設定】から『整数』ラジオボタンのチェックをオンにします。

3.【完了ボタン】を押します。

grid_chart7

 

以上の作業から以下のグリッドチャートが作成されていることが確認できます。

売上が大きいほど円が大きくなります。

grid_chart8

 

カーソルを合わせるとグリッド内のデータを確認することができます。

四角外は商品が格納されている順に、四角内は格納されているデータの大きさ順で表示されています。

grid_chart9

 

 

 

また、表示したいデータの種類によって、スタイルの種類を変更するとよりチャートが読み取りやすくなります。

grid_chart10

 

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。