ヒストグラム

QlikView(クリックビュー)では棒グラフを用いてヒストグラムを作成することができます。

ヒストグラムとは度数分布表のことで、今回はQlikViewでのヒストグラムの作成方法を説明します。

 

●ヒストグラムの作成

1.チャート作成ウィンドウを開きます。

■基本設定

1.【チャートの種類】から【棒グラフ】を選択します。

2.【次へ】ボタンを押します。

hist09

 

■軸

1.【項目/グループ】から『Points』を選択し、【追加】ボタンを押します。

2.【軸項目】に『Points』が表示されているのを確認して【次へ】ボタンを押します。

hist08

■数式の編集

1.空欄に『count(Points)』と入力します。

2.【OK】ボタンを押します。

hist07

 

■数式

1.【完了】ボタンを押します。

これでヒストグラムの完成です。

hist06

 

しかし、これでは見栄えが悪いので編集して見やすくしましょう。

1.チャートのプロパティを開きます。

■目盛線

1.【目盛線】タブの【数式の目盛線】から【グリッドの表示】のチェックボックスをオンにします。

2.【目盛線】タブの【軸の目盛線】から【グリッドの表示】のチェックボックスをオンにします。

3.【数式の目盛線】の【フォント】の色を『白』にします。

4.【軸の目盛線】の【フォント】の色を『白』にします。

hist05

 

■色

1.【色】タブの【フレームの背景】項目の【背景】を選択して、透過性を『100%』にします。

2.【OK】ボタンを押します。

hist04

 

以上の作業を通して完成したヒストグラムが下記です。

hist03

 

グリッドを表示させることでより見やすくなったことがわかります。

またチャートの背景の透過性を100%にすることでよりスマートに見せることもできます。

ぜひ試してみてください。

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。