演算実行条件

今回は、以前 条件付き表示のページ の中で少し触れた「実行演算条件」を詳しく説明します。

演算1

今回は、前回作成したQVWファイルの演算実行条件に新たな条件を追加し、エラーメッセージを任意のものに変更します。

※前回作成したQVWファイルを使用します。

●演算実行条件の追加

■リストボックスの作成

1. リストボックス追加ウィンドウを開きます。

2. 【項目】から【支店名】を選択し、【OKボタン】を押します。

演算3

 

リストボックスが追加されました。

演算4

 

■演算実行条件とエラーメッセージの設定

1. 売上チャートのプロパティを開きます。

2.【項目/グループ】から【支店名】を追加します。

演算5

 

3.【基本設定タブ】の【演算実行条件】に『GetSelectedCount(支店名)and GetSelectedCount(ReportName)>0』と入力します。

4.【エラーメッセージボタン】をクリックします。

演算6

 

■エラーメッセージの設定

1.【演算実行条件が満たされていません】を選択し、【カスタムメッセージ】の欄に任意のメッセージを入力します。
※今回は『ReportName,支店名を選択してください。』と入力します。

2.【OKボタン】を押します。

演算7

 

3.【OKボタン】を押してプロパティを閉じます。

以上で完成です。
ReportName,支店名を選択しないとチャートに設定したエラーメッセージが表示されることが確認できます。

演算8

 

 

 

 

 

 

演算9

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。