関数 Like と*の使い方

Qlikview(クリックビュー)ではLike関数を用いることによって、表記のゆれのある項目を統一させることができます。

では早速手順を説明していきます。

 

●リストボックスの作成

下記URLを参考に、『顧客名』を項目とするリストボックスを2つ作成します。

http://iw-qlikview.com/sheetobject-listbox/

 

●チャートの作成

下記URLを参考に、『顧客名』の『売上金額』のストレートテーブルを作成します。

http://iw-qlikview.com/chart-straighttable/

1

 

 

●表記のゆれの訂正
リストボックスに「おかやま電器」「おかやま電機」とありますが、「おかやま電気」の表記のゆれとして、訂正します。

1.右側のリストボックスのプロパティを開きます。

2

 

 

2.【項目】プルダウンを開き、『数式』を選択します。

3

 

3.【数式】に 『=If(顧客名 LIKE ‘おかやま電器’,’おかやま電気’,if(顧客名 Like ‘おかやま電機’,’おかやま電気’))』 と入力します。

4.【OKボタン】を押します。

4

 

5.【OKボタン】を押します。

5

 

 

「おかやま電気」を選択した際、「おかやま電器」「おかやま電機」が選択されているのが確認できます。

6

 

 

●表記のゆれの統一
リストボックスに「おかやま家電」「おかやま電化」「おかやま電器」「おかやま電機」「おかやま電気店」とありますが、全て「おかやま電気」の表記のゆれとして、統一させます。
先程と違い、*(スター)を使った、項目の共通文字で指定する方法を紹介します。

1.先程と同じように、右側のリストボックスのプロパティを開きます。
2.項目のプルダウンの【編集ボタン】を押します。

7

 

3.【数式】に 『=If(顧客名 LIKE ‘*おかやま*’,’おかやま電気’)』 と入力します。

4.【OKボタン】を押します。

8

 

5.【OKボタン】を押します。

9

 

「おかやま電気」を選択した際、顧客名の中で「おかやま」が含まれる項目のみ選択されていることが確認できます。

10

このように、*(スター)を用いることで、指定した文字列を含む項目を統一させることができます。

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。