日付の型の変更方法と絞込み

QlikView(クリックビュー)では様々な日付の型を表現することができます。

例-2013/04/01  , 20130401 , 2013-04-01 , 01-04-2013 , …..

日付の型を変換することは重要なポイントになります。

今回は日付のデータ型の変換と絞込みの2つを説明します。

 

● 『YYYY/MM/DD』の日付データを『YYYY-MM-DD』 表示に変換

1.ロードスクリプトの編集ウィンドウを開きます。

■ ロードスクリプトの編集

1.『日付』の下に『Date(Date#(日付,’YYYY/MM/DD’),’YYYY-MM-DD’) as 日付1,』 と入力します。

※ 『日付』とはカラム名になります。『日付1』は変更後カラム名 になります。

2.【リロード】をクリックします。

 

Datepatten01

 

『日付1』のリストボックスが『YYYY-MM-DD』表示になっていることが確認できます。

 

● 日付を『年』に絞込む

1.ロードスクリプトの編集ウィンドウを開きます。

■ ロードスクリプトの編集

1.先ほど書いたコードの下に『year(日付) as 年,』と入力します。

※ 『日付』とはカラム名になります。『年』は変更後カラム名になります。

2.【リロード】をクリックします。

 

Datepatten02

 

『年』のリストボックスが追加されていることが確認できます。

 

● 日付を『月』に絞込む

1.ロードスクリプトの編集ウィンドウを開きます。

■ ロードスクリプトの編集

1.先ほど書いたコードの下に『Month(日付) as 月,』と入力します。

※『日付』とはカラム名になります。『月』は変更後カラム名になります。

2.【リロード】をクリックします。

 

Datepatten03

 

『月』のリストボックスが追加されていることが確認できます。

 

● 日付を『日』に絞込む

1.ロードスクリプトの編集ウィンドウを開きます。

■ ロードスクリプトの編集

1.先ほど書いたコードの下に『Day(日付) as 日,』と入力します。

※『日付』とはカラム名になります。『日』は変更後カラム名になります。

2.【リロード】をクリックします。

 

Datepatten04

 

『日』のリストボックスが追加されていることが確認できます。

 

● 日付を『曜日』に絞り込む。

1.ロードスクリプトの編集ウィンドウを開きます。

■ ロードスクリプトの編集

1.先ほど書いたコードの下に『WeekDay(日付) as 曜日,』と入力します。

※『日付』とはカラム名になります。『曜日』は変更後カラム名になります。

2.【リロード】をクリックします。

 

Datepatten05

 

『曜日』のリストボックスが追加されていることが確認できます。

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。