QVWファイルを開く際の自動リロード

QlikViewではQVWファイルを開く際に自動的にリロードするように指定できます。

手順は2つに分けられます。

1.マクロのモジュールを作成します。

2.マクロで作成したモジュールをドキュメントプロパティのトリガーのアクションに加えます。

 

● マクロのモジュールの作成

1.モジュールの編集ウィンドウを開きます。

■ モジュールの編集

1.下記のコードを入力します。

sub AutoReload()

ActiveDocument.Reload

End sub

3.【テストボタン】を押します。

4.【OKボタン】を押します。

● マクロで作成したモジュールをドキュメントプロパティのトリガーのアクションに加える

1.ドキュメントプロパティを開きます。

■ トリガー

1.【OnOpen】をクリックします。

2.【アクションの追加ボタン】を押します。

 

Qvwを開く際リロード02

 

■ アクション

1. 【追加ボタン】を押します。

■ アクションの追加

1.【アクションの種類】から【その他】をクリックします。

2.【アクション】から【マクロの実行】をクリックします。

3.【OKボタン】を押します。

Qvwを開く際リロード03

■ アクション

1.【マクロ名】に『AutoReload』と入力します。

2.【OKボタン】を押し、アクションウィンドウを閉じます。

■ トリガー

1.【OKボタン】を押し、ドキュメントプロパティを閉じます。

 

Qvw開く際リロード04

 

QVWファイル保存してから一度閉じて、もう一度開いてみます。

開く時にリロードされることが確認できます。

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。