CSV形式でダウンロード

QlikView(クリックビュー) はマクロを使用するとCSVファイル形式でダウンロードすることができます。

では説明していきます。

 

● CSVファイル形式でダウンロード

1.モジュールの編集ウィンドウを開きます。

■ モジュールの編集

1.下記のコードを入力します。

sub exp_csv

tmpPath = ActiveDocument.GetPathName
lastBackSlash = InStrRev( tmpPath , “\” )
vPath = Left( tmpPath , (lastBackSlash – 1) )
vFileName = “QVwebcsv.csv”

set Obj = ActiveDocument.GetSheetObject(“TB01”)
obj.Export vPath & “\” & vFileName,”,”

MsgBox(“処理を終了しました。”)

end sub

※ vFileName = “QVwebcsv.csv” ⇒ QVweb.csv がファイル名になります。自由に変更することができます。

※ QVWファイルがある場所にダウンロードされます。

※ set Obj = ActiveDocument.GetSheetObject(“TB01”) ⇒ TB01 とは オブジェクトの名前です。自分がダウンロードしたいオブジェクトの名前を指定する必要があります。

※ MsgBox(“処理を終了しました。”)  ⇒ ダウンロード終了後、メッセージを表示するようにしています。

3.【テストボタン】を押し、動作確認します。

4.【OKボタン】を押します。

 

csvdownload01

※ 正常な場合は『処理を終了しました』と書かれたメッセージボックスが表示されます。

● ボタンを作成し、アクションを加える

1.ボタンの追加ウィンドウを開きます。

■ 基本設定

1.【テキスト】に『CSVダウンロード』と入力します。

csvdownload02

■ アクション

1.【追加ボタン】を押します。

■ アクションの追加

1.【アクションの種類】から【その他】を選択します。

2.【アクション】から【マクロの実行】を選択します。

3.【OKボタン】を押します。

■ アクション

1.【マクロ名】に『exp_csv』と入力します。

2.【OKボタン】を押します。

csvdownload04

● 動作確認

1.『CSVダウンロードボタン』を押します。

2.『VBScript』ウィンドウが立ち上がり『処理を終了しました』とメッセージが表示されます。

3.【OKボタン】を押します。

csvdownload05

QVWファイルの場所で『QVweb.csv』が生成されていることが確認できます。

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。