QlikViewでMaxDateとMinDateの取得方法

今回の記事では、年月日の最大日付(MaxDate)と最小日付(MinDate)の取得方法と変数に設定するまでを紹介していきます。

以下の『カレンダー.csv』 ファイルを使用します。 01   ■ ロードスクリプトの設定

① Ctrl+E を押し、ロードスクリプトの編集を開きます。

② 相対パスにチェックを入れます。

③ 『テーブルファイル』を押しカレンダー.csvを取り込みます。

④ テーブル名を『カレンダー』と入力します。

 

02

■ MaxDate と MinDate を設定する。 先程、取り込んだカレンダーテーブルを『Resident』を使って呼び出し、『日付期間』新規テーブルを作成します。

① 以下のロードスクリプト文を入力します。

日付期間: Load

Date(Max(年月日),’YYYY/MM/DD’) AS DateMax,

Date(Min(年月日),’YYYY/MM/DD’) AS DateMin

Resident カレンダー Where 年月日>=Date#(20000101,’YYYYMMDD’);

② Ctrl + R を押し、リロードします。 ※ 『日付期間』 テーブルが作成されていることが分かります。

03

※ DateMax とDateMin リストボックスの2つが作成されています。

capture   ■ ロードスクリプトで変数の設定。 ※ロードスクリプト上で『LET』を使って変数をセットすることが出来ます。

① 以下のロードスクリプトの文を入力します。

LET vDateMax = FieldValue(‘DateMax’, 1);

LET vDateMin = FieldValue(‘DateMin’, 1);

 

 05

 ② Ctrl + R を押し、リロードします。

③ Ctrl+Alt+V を押し、変数一覧を開きます。 ※ 変数一覧を見るとvDateMax ,vDateMin変数がセットされていることが確認できます。 06   これでデータの最大日付と最小日付を取得できます。

■ 変数を確認方法

① テキストボックスで『=vDateMax』,『=vDateMin』を入力します。

07

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。