mini string , max string関数

QlikView(クリックビュー)では、最小値、最大値を返す関数を使うことができます。

まず最小値を出してみましょう。

 

● リストボックスの作成

1.リストボックスの追加ウインドウを開きます。

以下のような数値がたくさん格納されたリストボックスを作成します。

min_maxstrang1

 

 

 

 

■ テキストオブジェクトの作成

テキストオブジェクトの追加ウインドウを開きます。

1.【テキスト】に以下の文を入力します。

=MinString(売上金額)

 min_maxstrang2

 

 

 

 

 

 

■ キャプション

1.【キャプションの表示】のチェックボックスをオンにします。

2.【タイトルテキスト】に『最小値』と入力します。

3.【OKボタン】を押します。

 min_maxstrang3

 

以上の作業で、以下のようなテキストオブジェクトが作成できていることが確認できます。

min_maxstrang4

 

『売上金額』内最小の値がテキストオブジェクトに抜き出されています。

同じように最大値も表示してみましょう。

 

 

■ テキストオブジェクトの作成

テキストオブジェクトの追加ウインドウを表示します。

1.【テキスト】に以下の文を入力します。

=MaxString(売上金額)

 min_maxstrang5

 

■ キャプション

1.【キャプションの表示】のチェックボックスをオンにします。

2.【タイトルテキスト】に『最大値』と入力します。

3.【OKボタン】を押します。

 min_maxstrang6

 

以上の作業から以下のようにテキストオブジェクトが作成されていることが確認できます。

min_maxstrang7

 

売上金額の最大の値がテキストオブジェクトに抜き出されています。

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。