RGBを使った色の変更

こんにちは。こーです。

今回の記事はRGBを使って、チャートの色を簡単に変えていく方法をご紹介していきたいと思います。

Qlikview(クリックビュー)ではチャート毎に色を設定した場合、チャートの数に応じて色を変更していかなければなりません。

例えば、3通りあるチャートの色を変更する場合、チャートのプロパティから色を変更していく作業を3回やらなければなりません。

3通りの変更ならまだ良いですが、変更するチャートが10通り以上にもなってしまうととても効率が悪くなってしまいます。

そんな時、RGBを使えば、ロードスクリプトを変えるだけで、チャートの色を簡単に変更することができます。

実際にそのやり方を詳しく説明していきます。

 

Qlikviewの【ロードスクリプトの編集】を開きます。

インラインロードから果物の種類を追加していきます。(果物の種類は任意でかまいません)

 

 

ナレッジ

 

入力が完了したら、【OK】ボタンを押します。

タブの追加をして、追加したタブにRGBのインラインロードを入力します。

 

ナレッジ1

 

【OK】ボタンを押して、リロードをします。

【テーブルビューアー】で連結しているか確認をします。

 

ナレッジ2

 

 

【シートオブジェクトの追加】から【チャート】を選択します。

【ウィンドウタイトル】に「売上個数」と入力して、棒グラフを選択します。

 

 

ナレッジ11

 

【軸】タブから、「果物」を追加します。

 

ナレッジ4

 

 

【数式】タブで【ラベル】を「売上個数」、【数式の編集】に「sum(売上個数)」と入力をします。

【OK】ボタンを押します。

 

ナレッジ5

 

チャートが完成しました。

ここから、ロードスクリプトにRGBを設定をしていきます。

 

ナレッジ6

 

チャートの【プロパティ】を開いて、【色】タブを開きます。

【色の設定】から、果物(りんご、みかん、バナナ、もも)の赤(R)緑(G)青(B)を調べます。

 

ナレッジ7.bp

 

調べた果物のRGBをロードスクリプトに入力します。

 

 

ナレッジ9

 

【OK】ボタンを押します。

【設定】から【変数一覧】を選択します。

【追加】を押し、【変数名】に「vcolorcode」、【定義】に「if(not IsNull(R), RGB(R,G,B))」と入力します。

【OK】ボタンを押します。

 

ナレッジ9.

 

作成したチャートの【プロパティ】を開きます。

【数式タブ】を選択し、【売上個数】の左にある+マークを押します。

【背景色】をダブルクリックします。

【数式の編集】に「$(vcolorcode)」を入力します。(作成した変数を呼び出します。)

【OKボタン】を押します。

RGBを使った色の変更ができました。

 

ナレッジ12

 

 

チャートを3つに増やします。

増やしたチャートはそれぞれ棒グラフ、円グラフ、ファネルチャートにします。

 

ナレッジ13

 

 

ロードスクリプトを開いて、「もも」のRGBを変更します。

【リロード】ボタンを押します。

 

ナレッジ14

 

 

3つのチャートの「もも」がピンク色から、黄色に変更されました。

別シートでもチャートに数式を設定すれば、同じように変えることができます。

 

ナレッジ15

 

このように、マスターすると便利な技術です。是非、習得してください。

 

こー

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。