$Syn-1の回避

QlikView(クリックビュー)では必要のない項目をコメントアウトする方が処理速度を高速化させることができます。

ロードスクリプトでファイルを読み込んだとき、テーブルビューアーで確認をしてみると【$Syn-1】と表示されてしまうことがあります。

これはテーブル間で同じ項目名が2つ以上ある場合に発生し、放置しておくと同じ項目を何度も呼びだしてしまい、メモリに不可がかかってしまいます。

そこで、今回は$Syn-1の回避方法を説明してきたいと思います。

 

キャプチャ

 

 

$Syn-1はテーブル間に項目名が2つ以上ある場合に発生するので、テーブル間の項目名を1つにすると解消されます。

【配送】テーブルの明細番号をコメントアウトして、【注文明細】テーブルにのみ、明細番号が表示されるようにします。

キャプチャ1

 

 

【配送】テーブルの明細番号がコメントアウトされましたので、テーブル間の項目名が2つ以上あったのが解消され、$Syn-1の表示もなくなりました。

【$Syn-1 table】テーブルは$Syn-1の表示がある場合に自動的に作成されるテーブルなので、$Syn-1が解消されれば、【$Syn-1 table】テーブルの表示もなくなります。

以上で、$Syn-1が解消されたことが確認できます。

キャプチャ2

 

 

 

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。