スライダー

Qlikviewではスライダーを作成することができます。

スライダーとは、以下のようなオブジェクトの事を言い、期間(年、四半期、月)等の連続

している値を表示し、それを条件に応じて選択していくことが可能となっています。

test119

それではスライダーの作成法を説明します。

●スライダーの作成

1.スライダー/カレンダ追加ウィンドウを開いてください。

■スライダーの設定

1.基本設定

2.【スタイル】から『スライダー』を選択します。

3.【データ】の【項目】を選択し、プルダウンから『月』を選択します。

4.【モード】を『複数値』、【値のモード】を『不連続値』にします。【ロック項目の上書き】のチェックをオフにします。

sur1

■プレゼンテーション

1.【目盛】にて、【カスタム設定を使用する】を選択、値を『12目盛』【ラベル】を『1』目盛りごとにします。補助目盛は『0』にします。

2.【OKボタン】を押します。

sur2

これでスライダーの作成は完了です。

先ほどのようなスライダーが表示される事が確認できます

test119

●スライダーの使い方

■範囲の選択をする方法

適当に項目を選択すると、選択した部分に下図の赤で囲まれた部分のもの(スライダーという)が出現します。

※これが、現在選択している期間を表しています。図では06月が選択されています。他のチャートと見比べ、選択できているかを確認してください。

スライダーをドラッグすることで項目を自由に変更することができます。

test123

スライダーの両端に三角形のボタン(矢印スクロールという)があります。このボタンを押すことでスライダーを現在選択されている位置から1つずつ移動させることができます。

test123

■項目を連続して複数選択する方法

少し分かりにくいのですが、スライダーの端の部分にカーソルを移動すると下図のようなカーソルに変化します。

※これはスライダーの右側でも左側でも同様に変化します。

test123

この状態で右側なら右に左側なら左にドラッグします。

すると、項目の複数選択が可能になります。複数選択すると以下のようになります。

test124

赤で囲まれている部分が選択されている項目になります。この場合は“06月~10月”が選択されています。

指定された範囲を項目数は同じまま移動することも可能です。こちらは先ほどの項目が一つの時と同様にスライダーをドラッグすることで可能になります。

最後に選択をクリアしたい場合は、これまでと同様クリアボタンを押すことで選択をクリアすることができます。

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。