テーブルのカスタム書式化

QlikView(クリックビュー)では、チャートで作成したストレートテーブル、ピボットテーブルを自分の好きなようにカスタマイズすることができます。

カスタマイズすることによって、より見やすいテーブルを作成することができます。

今回はストレートテーブルを使ってカスタマイズの方法を説明をしていきたいと思います。

テーブルスタイルの基本設定は「テーブルのスタイル変更」を参考にしてください。

 

 

初めにストレートテーブルを作成します。

 

cap

 

 

作成したら、テーブルのスタイルを以下に変更します。

 

cap

 

 

変更したら【OK】ボタンを押します。

完了したら、以下のスタイルになります。

 

cap

 

この、基本スタイルからカスタムをしていきます。

【ユーザープロパティ】を開き、【デザイン】タブの「コンテキストメニューにデザインメニュー項目を常に表示」にチェックを入れます。

 

cap

 

チェックを入れない状態だと【カスタムセルの書式】が表示されませんが、

キャプチャ

 

チェックを入れると【カスタムセルの書式】が表示されるようになります。

 

キャプチャ

 

カスタムセルの書式を開きます。

変更したいセルにカーソルを合わせます。

 

cap

 

カーソルを合わせたら、【背景色】と【設定対象:】を変更していきます。

 

一行目の【背景色】はピンクにします。、【設定対象:】はすべての軸と数式を選択します。

cap

 

 

二行目は【背景色】を薄いピンクにします。こちらも【設定対象:】はすべての軸と数式にします。

 

cap

 

設定が完了したら、【OK】ボタンを押します。

以上で完成です。

cap

 

 

ピボットテーブルで同じカスタム設定にした場合は、以下のようになります。

色々なカスタム設定をためしてみてください。

 

cap

 

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。