テーブルのスタイル変更

Qlikview(クリックビュー)ではストレートテーブル、ピボットテーブルを色々なスタイルに設定することができます。

なお、スタイルをカスタム書式化する方法もありますので、詳しくは【テーブルのカスタム書式化】をご参照ください。

 

初めにストレートテーブルのスタイル変更を紹介していきます。

まず、ストレートテーブルを作成します。

 

cap

 

ストレートテーブルが出来たら、プロパティから【スタイル】タブを開きます。

【現在のスタイル】からスタイルを選択できます。

今回はスタイルを[緑パジャマ]に設定して、【ストライプ】は[1行ごと]にします。

 

cap

 

【ストライプ】や【セル背景色の透過性】、【セルの枠線の透過性】を変更することで、細かい設定ができるようになります。

 

cap

 

【OK】ボタンを押したら、完了です。

 

cap

 

次にピボットテーブルのスタイル変更をご紹介していきます。

さきほど作成した、ストレートテーブルをコピー&ペーストを使って二つにします。

コピーしたテーブルを使ってスタイル変更していきます。

 

cap1

 

【プロパティ】を開いて、ストレートテーブルからピボットテーブルに変更します。

 

cap1

 

ピボットテーブルに変更したら、【現在のスタイル】を[青パジャマ]に変えます。

ちなみにピボットテーブルでは【ストライプ】の設定はできません。

 

cap1

 

【OK】を押したら、ピボットテーブルのスタイル変更は完了です。

 

cap1

 

スタイル変更をすることで、より見やすいチャートが出来ますので、

是非、マスターしてください。

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。