QlikViewでの売上トレンド分析

今回はQlikViewで売り上げトレンドを移動平均法を使って分析したいと思います。

 

今回作業フローは

①データの取り込み

②データから年月を取り出す

➂チャートの作成と設定(3か月、6か月、12か月の売上平均)

です。

スクリーンショット (301)

 

①データの取り込み

今回使用するデータは「data_source」の売上明細を使用します。リロードをかけます。

 

スクリーンショット (302)

 

②データから年月を取得する

次に、データから年月を取得します。スクリプトで、以下のように取得します。

今回は「年月」項目のみを使うので、この形式のみでOKです。

date(makedate(left(日付コード,4),num(mid(日付コード,5,2))),’YYYY/MM’) as 年月,

と入力して取得しています。ここまでで、一旦リロードをかけます。

 

➂チャートの作成

シート上で右クリックし、シートオブジェクトの追加から、チャートを追加をします。

ウインドウタイトルに「売上トレンド」と設定します。

スクリーンショット (299)

 

 

軸は、「年月」の項目を設定し「次へ」を押します。

 

スクリーンショット (300)

 

 

次に数式を設定します。

「rangeavg(above(Sum(売上金額),0,3))」と入力します。

スクリーンショット (304)

 

 

ラベルに「3か月平均」と入力し、「追加」を押します。

スクリーンショット (305)

 

そして以下の式も追加してください。

ラベル「6か月平均」    数式「rangeavg(above(Sum(売上金額),0,6))」

ラベル「12か月平均」    数式「rangeavg(above(Sum(売上金額),0,12))」

ラベル「売上金額」        数式「sum(売上金額)」

ラベル「仕入金額」    数式「sum(仕入金額)」

 

完成すると、以下のような数式が設定されます。

スクリーンショット (306)

 

 

 

「次へ」を押し、「目盛線」タブを開きます。

グリッドの表示にチェックを入れ、「軸の目盛線」の/にチェックをいれます。

スクリーンショット (307)

 

完成すると以下のように、売上トレンドを分析することができます。

スクリーンショット (308)

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。