セキュリティによるユーザ権限の設定

Qlikview(クリックビュー)では、シートプロパティのセキュリティタブからオブジェクト(リストボックスやチャート)の編集が

できないように、ユーザ権限を設定することができます。

ユーザ権限を設定することにより、プロパティからの編集ができなくなるため、

現状の設定を変更されたくないときなどに使用すると便利です。

今回はシートプロパティのセキュリティを使用して

ユーザ権限を設定する方法をご紹介していきます。

 

 

1.Qlikviewの起動

初めにQlikviewを開きます。

ロードスクリプトを開き、データを読み込みます。

読み込みが完了したら、リロードをします。

 

データの読み込み

 

 

2.チャートの作成

データを取り込んだら、チャートの作成に移ります。

今回はピボットテーブルを作成します。

シート上で右クリックし「シートオブジェクトの追加」→「チャート」を選択します。

 

右クリックv1

 

「基本設定」タブで、「ピボットテーブル」を選択します。ウィンドウタイトルを「売上状況」と設定します。

「次へ」ボタンを押下します。

 

タイトル画面

 

軸項目は「伝票番号」、「製品中分類名」、「売上数量」を追加し、「次へ」ボタンを押下します。

 

軸項目

 

数式は「sum(売上金額)」を設定します。「OK」ボタンを押下します。

 

計算画面

 

ここまで設定できたら、「完了」ボタンを押下します。ここでチャートを確認します。

現在、このようなチャートが完成しました。

展開していくと商品の売上詳細が分かります。

 

チャート3

 

現状ではユーザ権限が設定されていないため、チャートのプロパティ編集が可能になっています。

 

編集可

 

プロパティから編集をできないようにするために、シートプロパティのセキュリティタブからユーザ権限を設定します。

 

 

3.ユーザ権限の設定

設定(S)を選択し、シートプロパティを開きます。

 

シートプロパティv1

 

シートプロパティの「セキュリティ」を選択します。

 

ユーザ設定

 

現状ではオブジェクトの編集ができる状態になっています。

プロパティからオブジェクトの編集をできないようにするために、「ユーザ権限」の「シートオブジェクト プロパティへのアクセス」

のチェックを外します。「OK」ボタンを押下します。

 

ユーザ権限

 

これでチャートのプロパティ編集ができなくなっていることが確認できます。

 

編集不

 

 

 

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。