値の色設定

QlikViewではチャートの値に色をつけることができます。

では早速手順を説明していきます。

●チャートの作成

チャート作成ウィンドウを開きます。

■基本設定

1.【グラフの種類】で【ストレートテーブル】を選択します。

2.【次へボタン】を押します。

1

■軸

1.【項目/グループ】から『仕入先名』を選択し、【追加ボタン】を押します。

2.【次へボタン】を押します。

2a

■軸の制限

1.【次へボタン】を押します。

■数式

1.『sum(仕入金額)』と入力します。

2.【OKボタン】を押します。

3.【ラベル】に『売上』と入力します。

3a

一旦、ここで【完了ボタン】を押します。

以上の作業で完成したチャートは、以下の通りです。

AA

●文字色の設定 100万未満を赤、3000万以上を青、それ以外を黒で表示させる。

1.チャートの上で右クリックをしてプロパティを開きます。

※文字の色の設定は、【数式タブ】と【条件付き書式タブ】の2通りの設定方法があります。

ⅰ.【数式タブ】での設定

■数式

1.左上ボックス内の【売上】の左にある+マークを押します。

2.【テキストの色】を押します。

“3.【定義】に

if(Sum (売上金額)<=9999999,RGB(255,0,0),

if(Sum (売上金額)>=30000000,RGB(0,0,255),RGB(0,0,0)
)
)

と入力します。

4.【OKボタン】を押します。

4a

完成です。

ⅱ.【条件付き書式】での設定

■条件付き書式

1.【次の値以上】に『30000000』と入力する。

2.【次の値以下】に『9999999』と入力する。

3.【テキスト】の一番上のボックスを押します。

5a

■色の設定

1.【基本色】の【固定】の右にあるボックスを押します。

2.青を押します。

3.【OKボタン】を押します。

4.【OKボタン】を押します。

6a

■条件付き書式

1.【テキスト】の三番目のボックスを押します。

7a

 

■色の設定

1.一番目と同じ手順で赤を設定します。

2.【OKボタン】を押してプロパティを閉じて完成です。

 

 

値に色が付いていることが確認できます。

A

今回は青赤黒の三色でしたが、設定すれば色や色の数を変更することが可能です。

 

●実際に使う際には以下のような使い方をするとビジュアルからデータを読み取りやすくなります。

1.『0』を基準とした実数表示

new

2.『0』を基準とした%表示

parcent

QlikViewを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。