set分析のP関数とE関数「~~に関連する/しない レコードを集計」

Set分析については何度か取り上げていますが、今回はP関数とE関数について解説します。

P関数についてはそのとき有効な値を取得し、E関数はそのとき無効な(除外された)値を取得するもので、P関数とE関数は特定の項目を有効にしたり、set分析の中でさらにset分析を指定したりする際に使用します。

具体的には、「商品No=100の商品を買ったことのある人」の集計のようにデータの履歴を見ながら分析を行うことが可能になります。

例として年月日、会員番号、商品No、購入金額のデータを取り込むことにします。
今回は「商品No=100の商品を買ったことのある」会員番号が1, 2, 4の人の購入金額の合計を集計してみましょう。

  • 「商品No=100」の購入金額合計を集計する
    =Sum({<商品No={'100'}>} 購入金額)

  • 「商品No=100の商品を買ったことのある人」の購入金額を集計する
    上のデータで商品No=100の商品を買ったことのある顧客は会員番号が1, 2, 4の人なので、それらの人の購入金額が集計されます。

    =Sum({<会員番号=P({<商品No={'100'}>})>} 購入金額)

  • 「商品No=100の商品を買ったことのない人」の購入金額を集計する
    前の数式の逆で、会員番号が3, 5の人の購入金額が集計されます。

    =Sum({<会員番号=E({<商品No={'100'}>})>} 購入金額)

QlikViewを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは毎週QlikViewの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikViewをご利用される方を対象に、QlikViewって何?ってところからQlikViewと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。