TAG Set分析その② Count関数を使う